小説家になろうの小説更新情報(25)

<<めちゃ   <古い   新しい>   めちゃ>>            

連載小説[新魔法はじめました ~日本生まれのハーフエルフ~-快適空間を目指しました](第80部分)
連載小説[新魔法はじめました ~日本生まれのハーフエルフ~-快適空間を目指しました](第80部分)
「 ふあぁぁぁ 良く寝たぁぁぁ 」程よい弾力と寝心地のいいベットで目を覚ましたのだけれど、起き上がろうとしたら動けないことに気が付いた。 「 うにゅうぅぅ 」「 ・・・ ぅなぁぁ 」

連載小説[『戦国のファンタジスタ(仮)』~サッカー小僧が今川氏真に転生したら-55話「方針」](第55部分)
連載小説[『戦国のファンタジスタ(仮)』~サッカー小僧が今川氏真に転生したら-55話「方針」](第55部分)
「とりあえず落ち着け。井伊の件が事実かどうかはまだ分からないし、他の3人もまだ本当に謀反を起こすと決まった訳じゃない。ただ先に対処の方針は決めておこう、という話だ」「では直ちに井伊直親の罪を問う

連載小説[ナイトウォーカー -Night Walker--第十幕『利己的な救済』](第42部分)
連載小説[ナイトウォーカー -Night Walker--第十幕『利己的な救済』](第42部分)
何かを失った欠落者は、その失った何かを埋めるため、代用品を探す。 そして、その失ったものは彼にとっては愛で、哀で――飽いだった。 だから、彼はそれを“よろこび”で埋めようとした。 ひどい話

連載小説[見掛け倒しと言われたワースト・アイズ《劣等者だったはずが最強ランクになっていた》-4話 《夜会での宣言》](第4部分)
連載小説[見掛け倒しと言われたワースト・アイズ《劣等者だったはずが最強ランクになっていた》-4話 《夜会での宣言》](第4部分)
笑みを浮かべてシャルロットは地下室から上の階に上がっていく。 ジンも後をついていく。 地下室をまっすぐ上がって左に曲がる。 そのまま玄関まで行くと置いておいた制服を着こんでから、 また車へ

連載小説[母を捜して三万里〜魔法使いの小さな冒険〜-第4話 冒険家を夢見る少年](第4部分)
連載小説[母を捜して三万里〜魔法使いの小さな冒険〜-第4話 冒険家を夢見る少年](第4部分)
サボテン討伐をした森から帰る間にすっかり夕方になってしまった。 まだ集めたサボテンの果肉を卸していない状態なので籠をからった背中が重い。 だけどヒナ君の足取りはそれ以上に動かないものだった。

連載小説[【5秒で読める200文字童話短編集】【冬童話祭用】-12 ブラッディ頭巾](第12部分)
連載小説[【5秒で読める200文字童話短編集】【冬童話祭用】-12 ブラッディ頭巾](第12部分)
「ひゃっはー、資産家のババアをヤるぜ! 狼、お前が襲え。あたいは後から家に入るから」 赤頭巾(あかずきん)は猟銃を狼につきつける。『赤頭巾の姐御。悪逆非道な事はもうやめましょうぜ』 「はあん

連載小説[冥き異世界独り旅 ~能力を与えられた数多の転生者・転移者が心折れず進むことが絶望的難度のダークファンタジーな異世界に、そこでの目的と、人格を構成する記憶を失った状態で私は転移した。~-唯人天秤則 少年錘問 Ⅴ 《警告》きつい展開](第307部分)
連載小説[冥き異世界独り旅 ~能力を与えられた数多の転生者・転移者が心折れず進むことが絶望的難度のダークファンタジーな異世界に、そこでの目的と、人格を構成する記憶を失った状態で私は転移した。~-唯人天秤則 少年錘問 Ⅴ 《警告》きつい展開](第307部分)
これだけ色々思考して、時間を消費したはずではあったが、まだ、彼の足は私の顔面から数十センチの距離を残している。 集中し過ぎることにこれほどまで効果があるとは思わなかった。子供の肉体だからだろうか

連載小説[魔王になんかならない魔王-閑話 バルストラン共和王国の日々 その5](第37部分)
連載小説[魔王になんかならない魔王-閑話 バルストラン共和王国の日々 その5](第37部分)
バルストランの日々 その五 年明けして数日後、ディオスはクレティアにクリシュナとレベッカの四人で、屋敷の近くにある。王都外縁の城砦町フェニックスに来ていた。 年明けのパーティーで消費した食料や備

連載小説[異端アドバーサリー-プロローグ](第1部分)
連載小説[異端アドバーサリー-プロローグ](第1部分)
悪魔と人間の入り交じる都市で、今日も何処かで誰かの悲痛なうなり声が上がる。 「――止めてください……!」 その声は絶世の美少女と称しても足りないほど端麗な容姿をした、華奢な金髪少女のものだ

連載小説[もふもふ狼王記~人間の血肉を添えて~-第30話 醜き聖痕](第30部分)
連載小説[もふもふ狼王記~人間の血肉を添えて~-第30話 醜き聖痕](第30部分)
「チロって私と戦ってる時、私のこと殆ど見てないよね?」 お昼ご飯を食べた後のゆったりと過ごす午後にアイナの言葉はぐさりと刺さる。 「確かにあんまり見てないかもしれないです……」 「あんま

短編小説[詩集](短編)
短編小説[詩集](短編)
遠くに行きたかったわけじゃなく ただ ちょっと 離れてみたかっただけ あなたが 探し出してくれる 追いかけて来てくれるだけの距離を確かめたかっただけ ふと 不安になった時 ふりかえり そして

連載小説[いつの間にか幼なじみがヤンデレ彼女に進化していたのだが-幼なじみは俺の部屋を事細かく知っていた《微エロ》](第3部分)
連載小説[いつの間にか幼なじみがヤンデレ彼女に進化していたのだが-幼なじみは俺の部屋を事細かく知っていた《微エロ》](第3部分)
今日。花見は豹変した。 いつもあんな感じではなかった・・・。あれは何だったのか? 一時の気の迷いではないのか?そう、言葉が頭をよぎる。自宅までのコンビニで花見と別れてからコンビニでアイスを買って帰

連載小説[民と専制-民と専制十](第16部分)
連載小説[民と専制-民と専制十](第16部分)
パティフィリーナは一人、城の中の見回りを行っていた。日付が変わろうとする夜中である。民衆たちは夜な夜な広間で雑魚寝する生活を送ったり、或いは自分達の家に帰って眠ったり、教会を寝床にしたりする者も多か

連載小説[人成山登山記録-短編 カモは何処へ行ったか?①](第82部分)
連載小説[人成山登山記録-短編 カモは何処へ行ったか?①](第82部分)
ある夏の暑い日のことであった。 さんさんと日の降り注ぐ炎天下の最中に山頂まで登り詰め、引き返して中層地区にたどり着いたところで、あまりの暑さから少しばかり休憩していこうと喫茶「尾根」に入った。

連載小説[異世界転移をしよう☆(仮)-六十三話 魔法屋](第73部分)
連載小説[異世界転移をしよう☆(仮)-六十三話 魔法屋](第73部分)
魔法屋を探したら迷子になった。解せぬ。 「さて、どうするか・・・。あ、そうだ、王国にいた時もこんなことあったよな」その時の反省を活かそう。 「ちょっとすいませーん、魔法屋の場所分かります?」

連載小説[悪魔とコントラクト-ここは保健室](第3部分)
連載小説[悪魔とコントラクト-ここは保健室](第3部分)
奏の口から出た言葉。 あたりにも唐突で、それでいて衝撃的。 「は、え? ちょっと…いきなり何言って、っ」 ────一瞬だった。触れた唇は丁度良い熱を含んでいて。 柔らかく優しく触れた。 「…

短編小説[そだつあさごはん。 ~魔術師の森物語(マギズ・フォレスト・ストーリーズ)~](短編)
短編小説[そだつあさごはん。 ~魔術師の森物語(マギズ・フォレスト・ストーリーズ)~](短編)
|魔術師の森(マギズ・フォレスト)・|錬金術師通り(アルケミストストリート)。 |錬金術師(アルケミスト)と呼ばれる「技術師」──魔力物質をエネルギーとするからくりを主に研究する研究者達──が集ま

連載小説[ザお姫さまストーリー-ザ・トラップ](第10部分)
連載小説[ザお姫さまストーリー-ザ・トラップ](第10部分)
次の日曜日、テスト明けの由香利と久々のデートだァ!杉村家へ迎えに行き、一緒に映画を観に行った。複合施設のシアターで「テルマエ・ロマエ」を観た。この作品も原作は漫画だ。 俺のつまらない固定観念は周

連載小説[竜族の花嫁-リュンカの乗り心地は夢心地](第4部分)
連載小説[竜族の花嫁-リュンカの乗り心地は夢心地](第4部分)
オーク狩りから早くも3週間が過ぎようとしていました。 今日はイデア様からお手紙だけでなく小包が届きました。 中には白いレースのショールが入っています。 人族の侍女エスカラーニャは、「これ

連載小説[目覚めたら堕天使ルシフェルになっていました。。-気配を感じろ](第78部分)
連載小説[目覚めたら堕天使ルシフェルになっていました。。-気配を感じろ](第78部分)
ゲームが始まって10分後。 田天は崩れかけた建物の一つに入った。やはり生き物の気配などなく、やけに涼しい空間。静まり返ったその室内に、田天の足音がカツカツと響く。 (さて・・そろそろ隠れる場所見つけ

連載小説[賢い俺はVRMMO内で受験勉強する-14話 勉強三昧](第14部分)
連載小説[賢い俺はVRMMO内で受験勉強する-14話 勉強三昧](第14部分)
国語の授業を受けている。 古文だ。苦手なんだよなあ。 「じゃあ、この前の小テスト返すぞー」 先生が小テストの結果を配り始める。「西園寺ー」 俺だ。 結果を受け取る。 20点満点中

連載小説[あおいはる。~冬のレクイエム~-序章-冬のレクイエム-](第1部分)
連載小説[あおいはる。~冬のレクイエム~-序章-冬のレクイエム-](第1部分)
吸い込んだ空気が、刺すように鋭く鼻腔を突き抜けていく。首と頭の付け根あたりが、ぐっと押さえつけられるような感覚。吹きつける風で、耳が切れて出血しそうな痛み。背骨の上を駆け抜けるざわざわ。体をぶるっと

連載小説[神に呼ばれたのでちょっと神を殴って来ます-ステータスを伝えた。](第99部分)
連載小説[神に呼ばれたのでちょっと神を殴って来ます-ステータスを伝えた。](第99部分)
「それはね……」とためてから、ステータスの確認をしようとした。ためた理由はこのステータスを確認すれば理由が分かるのである。=============================

連載小説[ノーマル兄貴とおもちゃな弟-01:可愛くて色気たっぷりな弟](第1部分)
連載小説[ノーマル兄貴とおもちゃな弟-01:可愛くて色気たっぷりな弟](第1部分)
「あっ」 俺は、不意に変な声を出した。 夜中の十一時ごろ。 子ども二人だけで、テレビを見ている時のことだった。 「どうしたの、お兄ちゃん?」 と、ユウが、尋ねてくる。

連載小説[魔物使いの騎士 モンスター娘に騎乗して無双する-19話 ダリウス](第19部分)
連載小説[魔物使いの騎士 モンスター娘に騎乗して無双する-19話 ダリウス](第19部分)
俺はハーピーを撃ち落とした。 「やったぞ!」 メーニャはハルバードを頭上で振り回して威嚇する。 包囲をしていたゴブリン達が気圧されて一歩退く。 「てやあああ」 メーニャはハルバードを振

<<めちゃ   <古い   新しい>   めちゃ>>            

RSS 一覧
Google ツール

RSS CliPとは? | サービス利用規約 | プライバシー・ポリシー

Copyright©2007-2017, Navic, Inc. All rights reserved.