まるごと(25)

<<めちゃ   <古い   新しい>   めちゃ>>            

電車接触 男性飛ばされ2人に衝突
電車接触 男性飛ばされ2人に衝突

日本サブカル界隈はもうオタク文化を「暗黒フィルター」を通さないと消費できない程度の低い不良にすり寄るべきではない
日本サブカル界隈はもうオタク文化を「暗黒フィルター」を通さないと消費できない程度の低い不良にすり寄るべきではない
@greatchina2日本サブカル界隈はもうオタク文化を「暗黒フィルター」を通さないと消費できない程度の低い不良にすり寄るべきではないfav:0 view:0

「学童のおやつ」から見る学童保育の多様性と現状
「学童のおやつ」から見る学童保育の多様性と現状
@ponikitiai「学童のおやつ」から見る学童保育の多様性と現状fav:0 view:4

鬼の刺客、ウミヤマナツオの正体!~そんなことより天ざる食べたい (FFS1564話)
鬼の刺客、ウミヤマナツオの正体!~そんなことより天ざる食べたい (FFS1564話)
@hosidukuyo鬼の刺客、ウミヤマナツオの正体!~そんなことより天ざる食べたい(FFS1564話)fav:0 view:27

「赤羽~湯村~若島」の系譜
「赤羽~湯村~若島」の系譜
@telnarn「赤羽~湯村~若島」の系譜fav:0 view:2

170427まとめ #まどマギ版真剣深夜の創作60分一本勝負 「スチームパンク」
170427まとめ #まどマギ版真剣深夜の創作60分一本勝負 「スチームパンク」
@kazunaduck170427まとめ#まどマギ版真剣深夜の創作60分一本勝負 「スチームパンク」fav:0 view:15

連載小説[分岐点はいつも選び間違える。-分かれ道](第1部分)
連載小説[分岐点はいつも選び間違える。-分かれ道](第1部分)
いつもより少し雲の多い日、高校の入学式から1ヶ月程が経過したある日。桜も散り、春の最後を迎える様な涼しさの中で寂寥感を覚えながらいつもとは違う道で帰宅していた。 そんな感情を抱いていた時に小雨が

連載小説[異世界間よろずギルドより!-72話](第72部分)
連載小説[異世界間よろずギルドより!-72話](第72部分)
「わ、私用の、あんどろいどそたい……?」 紫穂は困惑しているが、まあ、当然である。正直、俺も困惑している。何だ、『憑依して体として使う』って。 「要は、人形だよ。紫穂が憑依して動かせば、紫穂が疑似的

連載小説[只今異世界捜索中!~Capriccio Continente deOratorio~-その24-2 俺が出んぜー?](第123部分)
連載小説[只今異世界捜索中!~Capriccio Continente deOratorio~-その24-2 俺が出んぜー?](第123部分)
「それだけではありません。もう一つあります」 と、|敏腕秘書《シズカ》の声が、沸いてくる様々な疑問と格闘していた少年少女達の耳朶を打つ。 一斉に顔をあげた彼等に対し、彼女はファイルからさらに書類

連載小説[紅葉が桜に変わる頃-3-2 青ざめる顔](第21部分)
連載小説[紅葉が桜に変わる頃-3-2 青ざめる顔](第21部分)
リビングの机に色とりどりの料理が並べられ、俺たちはその料理を囲むように椅子に座った。 「いただきます」 復活した隆弘さんが合掌し、俺たちもそれに倣って合掌した。 「うんまい……! ほんとに母さんの

連載小説[死妃の娘-【 閑話休題 『竜騎士オーシャ』 】](第92部分)
連載小説[死妃の娘-【 閑話休題 『竜騎士オーシャ』 】](第92部分)
鋭い山嶺が幾重にも重なり、稜線の遥か彼方に霞みに隠れるはフィリアの広大な沃野。谷間を緑濃い針葉樹林が密生し、丈低い植物が限界線を迎える所。そこより上には、天にも届く永遠の白い頂、カムレイ山脈の急峻な

連載小説[狂槍のアイン-47話 仮説](第47部分)
連載小説[狂槍のアイン-47話 仮説](第47部分)
流行り病の症状は謎が多い。 そもそもなぜ、喉元が黒ずんでいくのか。 特に重篤な場合には全身に黒ずみが広がっていくが、最初は必ず喉元から始まっている。 ヘスリッヒ村は自然に囲まれているにもかか

連載小説[金色の九尾lll-十八話黒の空賊団の襲撃2](第37部分)
連載小説[金色の九尾lll-十八話黒の空賊団の襲撃2](第37部分)
ソルフロート島、東地区 シバ、そしてレイリは自身の団員を率いて黒の空賊団の相手をしていた、そんな2人の団長の前に2人の男が現れる。「よお、あんたシバってんだろ?知ってるぜ?数々の空賊団を潰して来

連載小説[誰だって青春の二文字の前では折れてしまう。-間戸井真登には騙されない](第5部分)
連載小説[誰だって青春の二文字の前では折れてしまう。-間戸井真登には騙されない](第5部分)
キッチンを覗いてみると間戸井はエプロン姿で鼻歌を奏でながら料理していた。 「エプロン似合うな」「あ、当たり前でしょッ! というか“いい匂い”を先に言うべきでしょ」 確かにそうなのだが見慣れな

連載小説[人外転生!?生まれ変ると木に成っていたんですけど?-金獅子続と勇者5](第72部分)
連載小説[人外転生!?生まれ変ると木に成っていたんですけど?-金獅子続と勇者5](第72部分)
「先ず、何処から話すか..。 えーっととりあえず俺達が迷宮に落ちていったのは知っているよな?」 俺はノックに向かってこう言葉をかける。が、ノックは驚愕したような顔をした。 「!!!!???あの穴

連載小説[悩める子羊の三題噺-文化祭と悲喜交々と俺](第22部分)
連載小説[悩める子羊の三題噺-文化祭と悲喜交々と俺](第22部分)
何だかんだ言いつつ、両家の人間全員が末の孫娘に甘かった。俺の呟きを聞いた瞬間、言い争うのをあっさり止め、なぜかいなくなっていた晴を探しつつ見て回るという変わり身の早さたるや。そんな親戚一同と別れ、俺

連載小説[君ありて、世界は美しい。-壱章](第1部分)
連載小説[君ありて、世界は美しい。-壱章](第1部分)
「何故、わらわが秀吉の元へ嫁ぎに行かねばならぬのじゃ」 時は戦国と呼ばれた時代。 かの信長公が亡くなり、その後を継いだ秀吉様が太政大臣に就いた頃。 「茶々様…」 天下一と言っても過言で

連載小説[会社と部長たちがまるごと異世界に転移しました-人事査定(ステータス)を確認しました](第10部分)
連載小説[会社と部長たちがまるごと異世界に転移しました-人事査定(ステータス)を確認しました](第10部分)
「話を聞いていましたが、総合すると、我々は日本国以外のいずこか、もしかすると『地球』以外の土地に突然移動した、という理解でよろしいですか、高橋くん?」俺達がプロレスの乱闘みたいにくんずほぐれずして

連載小説[最近妹の様子がおかしい-忙しい一日](第4部分)
連載小説[最近妹の様子がおかしい-忙しい一日](第4部分)
俺は今、台所に居る。 時間はAM6:00。いつもの起床時間より1時間ほど早い。 なぜこんな早起きなのかって? それは昨日の出来事。一花に謝罪していた時のことだ。 「一花!ごめん!本っっ当にごめん!!

連載小説[君を冥府へと誘う《いざなう》 -5-2-9](第159部分)
連載小説[君を冥府へと誘う《いざなう》 -5-2-9](第159部分)
「それは聞き捨てならねェな」 そこに居たのはコユキだった。赤い眼をして、人を見下すような視線を送ってくる。彼は一度立ち上がって、ベッドの下からサバイバルナイフを取り出した。「死にたいのに死ねない

連載小説[ウメダ地下オデッセイ4020-串カツ、食べるか @ タマデ](第23部分)
連載小説[ウメダ地下オデッセイ4020-串カツ、食べるか @ タマデ](第23部分)
派手めな周囲の店と比べても、その店はすべての要素が過剰だった。 『タ・マ・デ』 店先に掲げられたどぎつい黄色の看板。その中央で電気ネズミのようにピカピカと点滅しながら、赤字ででかでかと表示され

連載小説[魔王軍女幹部のフォース-8章 - 05](第40部分)
連載小説[魔王軍女幹部のフォース-8章 - 05](第40部分)
すると、地表に巨大な白い魔方陣が浮かび上がり、そして光の粒となって消えた。 「お前、いったい何をしたんだ?」突然の出来事に、私は考えるよりも先にシロエに問う。 「この魔法は、あなたを倒すために

連載小説[名前のない化け物-第1章 1](第2部分)
連載小説[名前のない化け物-第1章 1](第2部分)
俺は生まれてからずっと、「あるもの」に憧れていた。 その「あるもの」というのは、すごい力を持つ人間だ。もし、僕にすごい力があったら。何か能力があったら。 そういうものがあったら、人の役に立てるんじ

短編小説[あでててて](短編)
短編小説[あでててて](短編)
「あでててて」 「あでててて」 「今日は夢」 「今日は声」 「ててて」 「けけけ」 「クロまきネジくり」 「れんれんこいこい」「あでててて」 「あでててて」 9がつ15にち もくよーび

連載小説[クリムゾンLED-ティナ=マニエル 6](第7部分)
連載小説[クリムゾンLED-ティナ=マニエル 6](第7部分)
秘書のルシアより、依頼内容を聞いた二人は銀竜酒家へと戻ってきた。 「また、面倒そうな依頼ねぇ‥」「仕事を選んでる場合じゃ無いですが、確かに‥」 珍しく依頼に関してティナがジュディに共感した。

<<めちゃ   <古い   新しい>   めちゃ>>            

RSS 一覧
Google ツール

RSS CliPとは? | サービス利用規約 | プライバシー・ポリシー

Copyright©2007-2017, Navic, Inc. All rights reserved.