まるごと(25)

<<めちゃ   <古い   新しい>   めちゃ>>            

<防犯カメラ>画像解析技術向上 容疑者特定の端緒にも(3コメント)
<防犯カメラ>画像解析技術向上 容疑者特定の端緒にも(3コメント)
防犯カメラを使った警察の捜査が進化を続けている。今年上半期の全国の刑法犯検挙件数約11万件のうち、防犯カメラの画像が容疑者特定の端緒になったのは約5800件。画像の解析技術向上などを背景に活用が広...

【奈良県・国民文化祭ロゴマーク】540万円の高額随意契約問題で川田ひろし県議が議会で質問
【奈良県・国民文化祭ロゴマーク】540万円の高額随意契約問題で川田ひろし県議が議会で質問
@ryomichico【奈良県・国民文化祭ロゴマーク】540万円の高額随意契約問題で川田ひろし県議が議会で質問fav:0 view:64

連載小説[都立第三高校司法警察室の日常-過去へ](第28部分)
連載小説[都立第三高校司法警察室の日常-過去へ](第28部分)
僕と浜岡先輩はタクシーで北品川についた。GPS情報で示された場所についたのだがそこは使われていない廃工場だ。 「確かにここのようね」浜岡先輩は息をのみながら言う。周りはオリンピック開催前に行われた

連載小説[ムゲン-プロローグ](第1部分)
連載小説[ムゲン-プロローグ](第1部分)
私の名前は空木《うつぎ》 ムゲンという。 みんなからは「ムゲンって、変わった名前だね」とそう言われる。 もちろん、私もそう思う。でも、この名前が嫌いな訳じゃない。 両親がつけてくれたこの名前は確かに

連載小説[妹達が凄すぎるせいで僕のチートを使うチャンスが無い-024 スキルの裏技](第24部分)
連載小説[妹達が凄すぎるせいで僕のチートを使うチャンスが無い-024 スキルの裏技](第24部分)
― 024 スキルの裏技 ― お屋敷に着く前に、お屋敷に残した分身でマリアお母様に細かく説明はしていた。なので、お屋敷に着いたときにマリアお母様はすべてを理解している状態ね。 帰り着くと、僕や妹

連載小説[わなびもり-遭遇](第4部分)
連載小説[わなびもり-遭遇](第4部分)
外から見た感じは不気味だったが入ってみると普通の登山道のようだ。木が太陽の光を遮ってくれるおかげでかなり涼しい。山特有のジメジメした感じはなく居心地のよい場所だった。 葉月はさっきから辺りをキョ

連載小説[亡国戦線――オネエ魔王の戦争――-初めての傷心](第29部分)
連載小説[亡国戦線――オネエ魔王の戦争――-初めての傷心](第29部分)
アタシは叛乱軍撤退の報告を聞いて、城内でレイチェルちゃんたちと合流した。 疲労でグッタリしている部下たちを見回り声を掛けながら、上気した顔で息を|吐《つ》いているのは、接収された宰相派の領地から新

連載小説[恋は芽吹いて百合が咲く-かおりとデート 後編](第8部分)
連載小説[恋は芽吹いて百合が咲く-かおりとデート 後編](第8部分)
「ここのクレープ美味しい!!」 「ねー美味しいね!」かおりちゃんが教えてくれたクレープ屋さんは、シンプルなメニューが多い分、素材にきっちりこだわりを持っていて、それでも良心的な価格で凄く美味しい。

連載小説[精霊使いの番外集-リリアの章3](第3部分)
連載小説[精霊使いの番外集-リリアの章3](第3部分)
そして、一週間後。 待ちに待った、その日がやって来た。闘技場に集められた全校生徒。その列の中で、リリアは目を爛々と輝かせながら、少し遠くに見えるグラン精霊学院の列を眺める。「グラン精霊学院生徒会

連載小説[この生徒の取扱説明書が見つからない!-1.どうしてこうなった。(ここだけなぜかシリアス、次回からコメディー)](第1部分)
連載小説[この生徒の取扱説明書が見つからない!-1.どうしてこうなった。(ここだけなぜかシリアス、次回からコメディー)](第1部分)
世の中にはいろんな奴がいる。 非人道的なやつ。 裏表のあるやつ。 人の失敗を見てあざ笑うやつ。それをわかっていながら、俺は舐め腐っていたんだ。生徒なんて皆同じ、ってさ。 ___________

連載小説[異世界耐性ゼロの私。-剣技](第8部分)
連載小説[異世界耐性ゼロの私。-剣技](第8部分)
「皆耳をふさいでね。そうじゃないと鼓膜が破れるよ」 私は息を多く吸い込む。そして吐き出した「カァアアァアァリィイイイイインンンンン!!!」 「うわっ!!!」 あまりにも大きい声にアレンやロト

連載小説[剣士ってかっこいいはずなのにこのステータスからはひどくないですか-聖戦準備①](第84部分)
連載小説[剣士ってかっこいいはずなのにこのステータスからはひどくないですか-聖戦準備①](第84部分)
「みんなゴメン、我慢出来なかった」 聖戦を行うことが決まってから3日が、もう経とうとしていた。セルドアはまた改めて聖戦について話をすると言い残し、あの後すぐに帰っていった。「あれはしょうがない

連載小説[私の世界を彩るのは君の笑顔-トレーニング](第10部分)
連載小説[私の世界を彩るのは君の笑顔-トレーニング](第10部分)
月曜日になって眠たい目を擦って電車に乗った。いつものように英文とにらめっこする。しばらくして、電車内のアナウンスが「次は○△駅、○△駅………」と伝えた。ノッポちゃんが乗ってくる駅だ。 それ

連載小説[ゾンビに転生した俺はどうやらチートみたいです(旧:死人は転生してもやっぱり死人だった)-死人、立つ](第25部分)
連載小説[ゾンビに転生した俺はどうやらチートみたいです(旧:死人は転生してもやっぱり死人だった)-死人、立つ](第25部分)
フィリアの肌は完全に黒く染まり、それは昔何かの漫画に出てきたダークエルフの様だった。変色が終わると次に頭から角が生え、背中からは翼が生えてきた。 そしてフィリアだったそれは閉じていた目を開ける その

連載小説[てんてこまい-第六十四話 告白の準備にてんてこ](第64部分)
連載小説[てんてこまい-第六十四話 告白の準備にてんてこ](第64部分)
告白、つまり自分の想いを相手に伝えることは私にとってトラウマの一つである。 一番のトラウマは名前に違いないのだが、告白はそれに匹敵するほどのものだ。なにせ私が引きこもる原因になった行動の一つだ。今

連載小説[時空魔法使いはH ERO道を歩む!? ~時間停止でチート旅~-11話 壁を越えて(物理)](第12部分)
連載小説[時空魔法使いはH ERO道を歩む!? ~時間停止でチート旅~-11話 壁を越えて(物理)](第12部分)
少しの休憩を挟んで、俺はまた川下に向かって移動を始めた。 やや暫く移動していると川下に壁の様なものが立っているのが目に入ってきた。この世界に来て初めて見る人工物だな。 石を積み上げて作り上げて

連載小説[僕、妖狐になっちゃいました-第壱話 【1】](第243部分)
連載小説[僕、妖狐になっちゃいました-第壱話 【1】](第243部分)
僕を呼ぶ声が聞こえる。僕を心配する声、誰? 「椿ちゃん……椿ちゃん!」 あっ、この声、わら子ちゃん? ゆっくりと意識が戻っていく中、僕の耳にわら子ちゃんの声が聞こえてきました。 えっと、

連載小説[ANOTHER WORLD-5日目-2](第23部分)
連載小説[ANOTHER WORLD-5日目-2](第23部分)
家にかえり、客間の空いたスペースにクッションを適当に並べ、その1つを枕にし、買ってきた本を読むことに。モンスター図鑑と植物図鑑は、始まりの町アインと第2の町ツヴァイ周辺のモンスターや採取や伐採でき

連載小説[異世界転生モンスター無双ライフ!-現状:エルフは西へでした!](第24部分)
連載小説[異世界転生モンスター無双ライフ!-現状:エルフは西へでした!](第24部分)
過ぎ去る景色を背に、ウルフさんに揺られながら私達は里へと向かう。 風の精霊がその速さに興奮しながら周りを飛び交い、風の恩恵が私達に降り注ぎ、更にウルフさんは加速する。 道中運悪く進路上にいた魔物

連載小説[学園闇の幽霊は微笑する-幽霊との出会い](第2部分)
連載小説[学園闇の幽霊は微笑する-幽霊との出会い](第2部分)
入学式明け、私デルフィーヌ=ダーエが学園の中庭を通って講習に向かおうとしていたところ、偶然複数人の令嬢達が件の子供を取り囲んでいる所に出くわしてしまいました。子供は教科書を抱えていることから、こ

連載小説[白き鎧 黒き鎧【番外編】サーティークの育児日記-その10 ナイト参上](第10部分)
連載小説[白き鎧 黒き鎧【番外編】サーティークの育児日記-その10 ナイト参上](第10部分)
その方(かた)がノエリオール宮にやってきたのは、佐竹と内藤が洋介や馨子とともにここへ来て、ほんの数日後のことだった。 フロイタールの王族の衣装を身にまとい、白いマントを流してゆったりとこちらを

連載小説[少年と、プールに踊るサルスベリ-第二章(2)](第4部分)
連載小説[少年と、プールに踊るサルスベリ-第二章(2)](第4部分)
「あ、先輩こんにちはー」 更衣室でジャージに着替えてプールサイドに出ると、朱音ちゃんが挨拶をしてくれた。 「おう、朱音ちゃん」「追試だいじょうぶでしたか?」 「おう、合格した。でも今日は体調が

連載小説[GLoop-第5話](第5部分)
連載小説[GLoop-第5話](第5部分)
気がついたら、真っ暗な空間の中にいた。自分の手とかは見ることができるが、それ以外は全くなにも見えない。ここはどこだろう?「華形さん。」 突然、聞き覚えのある声が聞こえた。この声は、聞き間違え

連載小説[Black Logic World-Nolook at You](第20部分)
連載小説[Black Logic World-Nolook at You](第20部分)
魔法訓練3つ目のメニュー、ノア先生との対人戦。 ルールは、できるだけ威力を落とした魔法弾を3回相手にぶつけるか相手を直接触った方が勝ち。 それを10回繰り返す。 ....「....やっと1本

連載小説[異世界の中心で騎士道を歩む-第二十四話 ファイエット家の事情](第24部分)
連載小説[異世界の中心で騎士道を歩む-第二十四話 ファイエット家の事情](第24部分)
「ふああ、ねえリューマー、昨日クラリスさんと何話してたの?」 「いろいろだよ、いろいろ」 寮から出て学校への短いようで地味に長い通学路を移動中、同じく寮から登校する学生たちの川の中でフランがあくび

<<めちゃ   <古い   新しい>   めちゃ>>            

RSS 一覧
Google ツール

RSS CliPとは? | サービス利用規約 | プライバシー・ポリシー

Copyright©2007-2016, Navic, Inc. All rights reserved.